マルタイの女からは逃げられません

伊丹十三監督の遺作にして名作!オウム真理教を批判した作品!
1997年の日本映画。監督は伊丹十三。主演は宮本信子他。

女優の磯野ビワコ(宮本信子)は、偶然弁護士夫婦の殺人現場を目撃してしまう。自身も襲われてしまうが何とか助かる。警察に依れば、犯人は宗教団体「真理の羊」であると推測された。

唯一の目撃者であるビワコ。彼女はマスコミに裁判で証言すると公言してしまう。その為、彼女を消そうと教団の魔の手が迫る。彼女を守る為に護衛としてつけられた近松(村田雄浩)と、職務に堅実な立花(西村雅彦)の2人はビワコを守りきれるのか。

最早お馴染みの伊丹作品にして、最後の作品。宮本信子を始め、お馴染みの面子、お馴染みの~~の女で製作された。

本作はミンボーの女やマルサの女と較べると、宮本信子が被害者という立場なだけあり、どこか弱弱しい。とはいえ芯は強く、ラストの法廷へ向かう場面、弁護士に反発する場面など、彼女らしい強い演技も見られる。

話としては洋画によくありがちな話だが、邦画では珍しく、更に護衛対象であるビワコ自身が奮起するというところが珍しい。大抵はボディーガードが奮闘するアクション物となるのが相場だからだ。
島根県 浮気調査 探偵