潜入した女子校はエロかったです

聖白百合学園は都内でも有数のお嬢様のみが通う、お嬢様学園。
ただ、そこに通う子になったのは俺・九条雪世。雪世様雪世様言われ、周囲から慕われるお姉さま的存在にまで上り詰めたものの、男である以上、どうしても何時ばれるかとひやひやする毎日。
それだけじゃなく、女子の着替えなど見るとどうしても赤面してしまい、逃げ出してしまう。何かこう、男の頃の癖が抜けないのだ。
「気をつけなきゃ」
まあでもこれも俺が受験に失敗したのが原因。で、裏口入学させられたのだから、ばれるとマジでやばい。
はぁ。どうなるやら。
そんなこんなでトイレに隠れている俺だったが、
「逃げてんじゃないわよっ!」
「!?」
女の罵声が聞こえてきた。
「あんた、昨日の約束、ちゃんと守って来たんでしょうね」
……どうやら、女子が女子を苛めている現場に出くわしたみたいだった。無視しようと思った俺だったが、不運な事に気付かれてしまう。
で、俺は彼女と一緒にロッカーへ閉じ込められてしまう。狭いロッカーの中でぷるぷるのおっ○いを押し付けられ、理性が飛びかける俺。
「男だってバレてもいい、突っ込んでめちゃめちゃにかき回してやるっ!!!」
ああ、どうなっちゃうの!?
借金 相談 北海道

コメントは受け付けていません。